大人ニキビの原因、乾燥肌でもできてしまうのはなぜ?

大人ニキビの原因、乾燥肌でもできてしまうのはなぜ?

ニキビは多くの人が抱える問題であり、コンプレックスの一つになります。

 

又、清潔感を保つ事は社会人のマナーですので、ニキビの早急な対処が必要になります。

 

大人になって出来るニキビは、思春期に出来るニキビとは違ったメカニズムで出来ます。大人ニキビの原因は、古い角質の蓄積と肌の乾燥です。肌の代謝が悪くなる事で、古い角質で毛穴をふさいでしまい、そこからアクネ菌が繁殖して、炎症となって大人ニキビを作り上げます。そもそも大人ニキビの根本の原因となるのは、日常生活が大きく影響しています。現代人が悩む一つの種であるストレスや睡眠不足からホルモンの乱れを引き起こします。

 

又、外食や簡単なもので食事を済ませる事などの間違った食生活による栄養バランスの乱れも原因の一つです。大人ニキビを解消するにはいくつかの方法があります。ニキビを素早く治すには、医療機関での治療をおすすめします。ニキビの度合いにもよりますが幅広く炎症を起こしている場合は、早めに皮膚科での受診が必要です。しかし通常であればスキンケアや食生活の改善などで大人ニキビは抑えることが出来ます。肌の乾燥を抑えるために洗顔と保湿が大人ニキビの解消のポイントです。洗顔は、油分の含まれるものは控えて、優しくぬるま湯で洗う事が肝要です。ニキビに余計な刺激を与えてしまうので注意しながら洗顔をしましょう。

 

そして保湿力の高い化粧水で保湿する事が大事です。ポイントとしてはノンオイルをチョイスする事です。

 

大人ニキビにはビタミンCが効果的です。ビタミンCには、大人ニキビを早く治す為に必要なターンオーバーを促してくれる効果と強い殺菌効果を持っています。ビタミンCは、化粧水から摂取する事が出来ますが、食べ物から摂取する事も大事です。パセリやレモン、ブロッコリーなどビタミンCを多く含まれる食事を意識する様にしましょう。大人ニキビを治す事には、治す意識を強く持つ事と毎日のケアを欠かさずに継続する事が肝要です。

 

乾燥肌の人も安心できない

 

ニキビといえば、オイリーな肌質の人に出来易いというイメージを持つ人も多いかもしれませんが、実は、乾燥肌であってもニキビは出来てしまうのです。

 

そもそも、ニキビが出来る原因は毛穴に皮脂が詰まってしまうことです。肌は自らを乾燥から守るために皮脂を分泌しているのですが、その分泌量が過剰だと、毛穴に詰まってニキビを引き起こすのです。オイリー肌の場合、皮脂の分泌量が多過ぎて、余分な皮脂が詰まりニキビが出来るわけです。

 

乾燥肌の場合は、乾燥して水分が蒸発してしまった肌を守ろうと、皮脂が大量に出てしまい、それが毛穴に詰まってニキビが出来るという、ニキビの出来方はオイリー肌とほぼ同じメカニズムなのです。ただし、乾燥肌の場合は水分が抜けきって毛穴が細く小さくなってしまうため、皮脂が詰まり易くなっています。このようにして出来るニキビですが、その改善策は洗顔と保湿の仕方にありました。まず洗顔の仕方ですが、「ニキビを予防するには肌の余分な脂や汚れを綺麗に落とさなければならない」という考えから、ついつい強く洗顔してしまう人もいると思います。しかし、強すぎる洗顔は返って逆効果です。

 

なぜなら、肌を守る角質や油分等の大切な膜まで落としてしまい、肌を乾燥に導き余計に皮脂が分泌され、皮脂の毛穴詰まりが酷くなってしまう為です。しかも肌のバリアが剥がれることで細菌が繁殖してしまうことがあり、それにより更にニキビが悪化する可能性もあります。その為、洗顔はなるべく優しく行った方が良いのです。

 

具体的な洗顔方法としては、クレンジングを手の指の腹でゆっくりと肌を撫でるように滑らせます。洗い流すと、次によく泡立てた洗顔料を肌に乗せ、こちらも泡の力でのみ洗うようにゆっくり優しく肌を撫でます。洗い流しは水で行い、肌を刺激しないよう注意してください。そして、洗顔後は乾燥しないうちに急いで化粧水を馴染ませ(コットンに取り優しくパッティング)、乳液やクリームでしっかりと水分を閉じ込めましょう。これで乾燥肌ニキビを予防、改善することが出来ます。

 

富士フィルムから販売されているルナメアacは特におすすめです。肌がつっぱりません。スクラブ洗顔なのに、優しく洗い流すことができます。

 

ルナメアac