ミノキシジルは高い効果がある一方で副作用も度外視できない

ミノキシジルは高い効果がある一方で副作用も度外視できない

ミノキシジルは血管拡張成分を持っている発毛成分です。

 

 

 

その効果は高く、育毛治療のガイドラインでも使用が推奨され画期的な治療薬として現在でも広く活用されています。

 

しかしながら高い効果がある一方で副作用があることを度外視できません。発症リスクの数値としては高くないものの、発毛効果以外の作用に悩まされている使用者も現に存在しますので、リスクについてよく理解した上で使用しなければいけないのです。

 

ミノキシジルによる副作用としては、多いのは頭皮がかぶれたり痒みが出る、頭皮ニキビができるなどです。基本的には外用薬として使用するものですから頭皮のトラブルに繋がる副作用が多く、このようなトラブルに見舞われてしまったケースが少なくありません。

 

 

ただ一時的な症状の場合もあります。最初は拒否反応によってこうした症状が出るものの、次第に症状が出なくなるようなこともありますので、様子を見ながら使用の継続について判断した方が良いでしょう。

 

 

重めな副作用としては頭痛や動悸、胸痛、多毛症、むくみなどのリスクもあります。一般的な発毛剤の場合ですとこういった作用が出てしまうことは殆どないのですが、ミノキシジルですと出てしまうことが珍しくありません。そもそもミノキシジルは血圧治療の為の成分であり、本来は薄毛治療の為のものではない為にこういった作用が出てしまうこともあるのです。

 

 

外用薬として使用する分には症状が出るリスクは低く、そして症状が出たとしても軽度の場合が多いです。ですからそれほど不安視する必要はないともされているものの、しかしながら動悸や胸痛が起こることからも分かるように心臓にも負担になる恐れがありますから、心臓に持病を抱えていたりするようなら注意が必要です。

 

 

なお、ミノキシジルには外用薬以外にも内服するタイプもあるのですが、こちらの方ですとリスクは一気に高まります。内服薬の場合は外用薬と違って全身に作用してしまいますので副作用も出易くなってしまうのです。時には激しい動悸が起こったり、頭皮以外の部分から発毛も顕著に起こってしまうこともありますので、より一層の注意が必要と言えるでしょう。

 

 

そもそも内服薬ですと薄毛治療の為には推奨されていない現実があります。薄毛治療の先進国のアメリカですら薄毛対策として使用するのは推奨していない薬ですので、それだけリスクが高いということを理解する必要があります。
安全の為には外用として使用するのがベターであり、それゆえに発毛剤による対策をとった方が安心と言えるでしょう。