IGF-1が減少することで薄毛になる理由

IGF-1が減少することで薄毛になる理由

薄毛に悩んでいる人は様々な方法で改善を試みていると思われますが、実は体内のある成分が減少することで薄毛になるのはご存知でしょうか。

 

IGF-1という言葉はあまり耳慣れないことと思われますが、成長ホルモンの刺激によって肝臓から分泌されるインスリン様成長因子です。

 

その名前の通りインスリンによく似た構造であるためインスリンと同じ働きをして、体のすべての細胞に作用するとされています。

 

実はこの物質は様々な効果が期待できる物質であり、アンチエイジング効果や免疫力の向上、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防の他に内臓器官の働きを正常に保つ作用もあるとされています。

 

そのため、筋疾患や糖尿病の予防などの治療にも使われることがあるとされていますが、育毛にも効果があるとされているのです。

 

そもそもAGAが起こる原因としてDHTが生成されることが関係していますが、IGF-1にはDHTによって髪の成長が止まり脱毛したしまった毛乳頭の働きを再度活性化させる働きがあるとされています。

 

また、薄毛の頭皮から生えてくる細く弱い産毛を腰のある強く太いしっかりとした毛に生まれ変わらせる効果や、頭皮のヘアサイクルである成長期を長引かせて逆に脱毛時期である対抗機を短くする作用があります。

 

つまりこの物質が体内で減少してしまうことでDHTによって脱毛してしまった毛乳とはそのまま復活することなく髪の毛の発育は期待できないので、減少することで薄毛につながることが考えられます。

 

体の健康や病気予防、アンチエイジングだけではなく薄毛改善や育毛対策としても欠かせない物質の一つだとされてるのです。

 

では、IGF-1を増やすのにはどうすればよいのかというと、もちろんこの物質を多く含む食材を食べることでも増やすことはできますが、一番簡単な方法としては辛い物を食べるということです。

 

ワサビやキムチ、辛いカレーなどを食べることによって知覚神経が刺激されると毛根においてIGF-1が増加するとされており、同時に味噌や豆腐、」納豆などの大豆食品に含まれる大豆イソフラボンを摂取することでより高い効果が期待できるとされています。

 

ただし、いくら頭皮に良いからと言ってあまりに食べすぎてしまうと今度は減少してしまうこともありますのでほどほどにするのが良いかと思われます。

 

薄毛を気にすることなく健康的な生活を送るためにも、IGF-1を増加させていつまでも若々しく生活していけるように努めてみてはいかがでしょうか。