フィナステリドは悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの影響を抑える

フィナステリドは悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの影響を抑える

薄毛など毛髪の問題は男性だけでなく若い女性にとっても、関心の高いテーマです。

 

女性にとって流行のボリュームヘアーは小顔効果と、可愛らしさを演出する大切な要素です。また幾つになっても髪のボリュームは若さの象徴でもあり、育毛剤への関心が高まっています。

 

AGA治療(男性型脱毛症)で有効なプロペシアは女性にとっても魅力的な医薬品ですが、効果は期待できません。その理由はプロベニアの主成分のフィナステリドは、男性ホルモンと関係する医薬品だからです。この成分は男性特有の前立腺肥大の治療中の患者の投薬から注目された成分で、AGA治療にも使用されるようになりました。

 

フィナステリドは悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの影響を抑えて薄毛治療に効果があります。男性型脱毛はこの悪玉男性ホルモンと髪に深く関わる酵素が結合しておこる脱毛症のため、悪玉男性ホルモンと酵素の結合を阻害する働きをするのがフィナステリドです。

 

女性の薄毛は男性ホルモンとはまったく関係がないため、育毛剤として使用したり服用しても効果は期待できません。まして男性ホルモンに関係するため妊娠を望んでいる女性、妊娠中の女性、授乳中の女性は絶対避けるべき薬品で、触ってもいけない薬です。

 

錠剤の表面はコーティングされてはいますが、念のため男性は管理に注意が必要です。プロペシアは成分のフィナステリドが皮膚から体内に侵入すると、とくに男の子の胎児や赤ちゃんの生殖器官に発達異常をおこす作用があります。この成分が男の子の生殖器官に必要なホルモンを、阻害してしまいます。プロペシアの説明書にも注意書きに、掲載されています。また妊娠に関係なく女性が長く服用すると、婦人科系に問題がおこる可能性があります。閉経後の女性に対しても薄毛の改善効果は確認されていません。

 

また女性の薄毛の原因が男性のように遺伝的な要素がほとんどないため、プロベニアやミノキシジルなどの効果が期待できません。女性はパーマ、カラー、シャンプー剤や生活環境の乱れなど様々な原因があるため、女性専用の育毛剤がおすすめです。

 

さらに女性だけでなく子供を望むご夫婦場合は、男性にも注意が必要です。フィナステリドが精液に含まれる量は非常に微量ではありますが、これから生まれる赤ちゃんにとっての危険因子は排除した方がより安心です。そのため薬の抜ける1ヶ月後と子作り中は、服用を止めるように指導している医療機関もあります。